無料で廃車する前に必ず買取査定をしよう

車の買取価格がつかず、無料で廃車にしてしまうケースはよくあることですが、実は廃車同然の車を買取してくれる廃車買取業者が存在します。ディーラーや車販売店が車を買い取る目的は、中古車として販売するためです。そのため、故障している車や、走行距離が10万キロを超えている車、老朽化している車などは、下取りや買取の査定額がつかないケースがほとんどです。一方、廃車買取業者が車を買い取る目的は、海外で中古車としての販売や、中古部品を販売するためです。買取価格がつかないような車でも、直して乗れる状態の車であれば海外では需要があり、査定額がつくことがあります。また、車のボディーやフレームには中古部品として使える部品がたくさんあり、お金になる可能性があります。そのため、無料で廃車する前に、こういった廃車買取業者に買取査定を依頼する価値は十分にあります。

廃車の買取を依頼する業者の選び方

業者により買取査定で重視しているポイントが違うため、車の状態によって、どのような業者に依頼すればよいのかが変わってきます。中古車買取業者が重視しているポイントは、買い取った車が中古車として高く売れるかどうかです。中古車買取業者にもそれぞれ特徴があり、さまざまなジャンルを扱っている業者もあれば、外車や希少車を専門に扱っている業者もあります。つまり、走行ができる車であれば、中古車として買い取ってもらえる可能性があります。廃車買取業者が買取査定で重視しているポイントは、新たな価値を車に持たせることが出来るかどうかです。そのため、動かない車や大きく損傷している車など、中古車買取業者では買い取ってもらえないような車でも廃車買取業者であればほとんどの場合、買い取ってもらうことができます。高く買い取ってもらうためには、車一括査定などを利用し、さまざまな買取業車に買取査定を依頼しましょう。

廃車の買取を依頼する際の注意点

廃車の買取の際によくあるトラブルは、お金に関することです。例えば、買取額がついたのにも関わらず、廃車手続きの手数料として買取額よりも高い金額を請求され、買取額がマイナスになってしまうケースです。また、後から車に問題が見つかり、最初の査定よりも大幅に買取額が下がってしまうこともあります。ネットで査定した場合、実際の車を見ていないため、このようなケースが起きる可能性は高くなります。そのため、ネット査定だけではなく、必ず出張見積もりを依頼し、実物の車を確認してもらいましょう。また、車を廃車にする場合、自動車税、自動車重量税、自賠責保険の還付金が受け取りできる場合があります。しかし、還付金の説明がない業者もあり、後で還付金を受け取っていないことに気づくケースもあります。そのため、正式に依頼する前に、還付金についても必ず確認しましょう。事前に還付金について説明をしてくれる業者は信頼度も高いです。