廃車するときに覚えておきたい高価買取のポイント

車の買い替えの時に、下取りに出しても価格が付かず、廃車にするための手続きに費用がかかると言われる場合も多いです。最近では、廃車の代行を無料で行ってくれるところも増えてきています。代行を無料で行ってもらえる理由の1つは、廃車の買取を専門に行う業者があるからであると言えます。廃車の買取業者に依頼すれば、ディーラーでは査定がつかず0円と言われた車でも、それ以上の価格で買取してもらうことが可能です。ディーラーや車の販売店は、下取りした車を中古車として売り出すことを視野に入れています。走行距離が短く、新しい車なら中古車として売ることができるため、下取りに出しても高値を付けてもらうことができますが、10万キロ以上走行していて10年以上経った車の価値はほとんどありません。

廃車の買取業者が何を目論んでいるのか

ディーラーでは中古車として売り出す価値が無いとされる車であっても、廃車を買取してくれる業者は、車の部品であるタイヤやホイール、ガラス、バンパー、バッテリーなどをばらして販売することを目論んでいます。これらの部品はばらされた上、きれいに洗浄が行われ、エンジンなどの動力部分はテスターを用いて検査し、合格したものを部品として販売します。車のボディなど、金属部分も鉄、アルミなどに分別してリサイクルが可能です。ディーラーの場合は、車として走行する性能があるかどうかが重要視されます。修理価格よりも高く売れると判断された場合は買取してくれる場合もありますが、車の主要部分に損傷があり修復歴がついていて水没して冠水歴がある車は中古車としても売れないため、下取りしてもらえないことが多いです。

修復歴や冠水歴があるなら廃車買取業者に依頼

車の主要な部分が破損してしまい、修理をすると修復歴がついてしまい、冠水歴がつく車の場合は、中古車としては売れないためディーラーでは買取してもらえません。ところが、廃車買取業者であれば、このような車であっても破損していないパーツや冠水による被害が少ないガラスなどの部分を、リサイクルすることができます。リサイクルが不能な場合であっても、ボディを鉄やアルミに分別すれば、リサイクルすることができます。そのため、廃車の買取業者は車の状態がどんなに悪くても、買取を行ってくれます。ディーラーに下取りを依頼したら廃車にするのにお金がかかると言われた時は、廃車買取を行っている業者に相談してみるのがおすすめです。無料で引き取った上、廃車手続きも無料で行ってもらうことができます。