下取りしてもらえない廃車でも買取してもらえる理由

車を新しく買い替えた際に、販売店で前の車を下取りしてもらおうにも、車の年数や、傷みが激しくて査定結果が0円になってしまうと、仕方なく廃車にしなければなりません。しかも、廃車の手続きに費用がかかってしまうということで、逆に料金を支払わなければならない場合もあります。最近では、廃車手続きを無料で行ってくれるところも増えてきていますが、できれば買い取ってほしいのが本音です。しかし、そんな廃車を買取してくれる専門業者が増えてきています。業者によっては、信頼性の高いディーラーと違って説明が分かりにくい場合もありますし、販売店同様に料金を請求されてしまう場合もあるので、選ぶ際には気を付けなければなりません。買取をお願いする時に注意しなければならない事や、廃車同等の車を買取してもらえる理由について紹介します。

廃車の買取を可能にしてくれる業者を選ぶポイントを紹介します。

廃車の買取を業者に依頼するにあたって注意しなければならないのは、廃車の買取を直接行ってくれるかどうかがポイントになってきます。業者によっては、複数の業者が関係していると余計な費用がかかってしまい、買取価格から知らず知らずのうちに引かれてしまうケースもあります。そこで、自社で廃車をリサイクル処理することのできる工場を持っていて、間に他の業者が入らない直接交渉ができる廃車買取業者がお薦めです。また、サービス内容が充実しているかもチェックしておくといいです。手数料だけでなく、手続きの代行無料などのサービスや、インターネットで車の解体の処理がどうなっているのか確認することができる業者もあります。一般的な買取業者では値がつかない車を買取可能にすることが強みの業者もあるので、よく探してみましょう。

なぜ、廃車同然の車を買い取ってもらえるのか。

そもそも、下取りができない廃車が、なぜ買取してもらえるのでしょうか。まず、車の販売店では、下取りした車を中古車としてそのまま販売したい意図があるため、どうしても古くなってしまった車には値が付けられないという事情があります。しかし、専門の廃車買取業者では、一度、車を解体し、中の部品を洗浄などした上で、車の中古パーツとして販売できるシステムがあるので、車として売れなくても、車の部品として販売することができます。たとえ中古車としては、価値がなくなってしまった車でも、タイヤだけ、ホールだけ、バッテリーだけなど、部品のひとつとしてまだまだ使えるのであれば商品価値が上がります。また、車のボディに使われていた金属も鉄やアルミなどに分別して再利用することができるので廃車でも買取してもらえることがあるのです。